夫の不倫を疑ったり、発覚した時、夫婦関係を続けるかそれとも離婚するか、悩む方は多いかと思います。

 
離婚して相手に慰謝料等を求めるとしたら、不倫の証拠があることは必須となります。
 
 

しかし、離婚しないにしても、夫の不倫の証拠を抑えておくとその後何かと役に立つものです。

 
今回は、持っておくと便利な不倫の証拠として役立つものについてご説明しましょう。
 

法的に使える証拠とは?

 
まず、不倫の証拠として最も有効的なものは、ラブホテルに出入りしている写真です。
 
 

これが最も不貞関係を認められ易く、慰謝料の請求や不倫を原因とした離婚を求めるためには大きな証拠となります。

 
 
ただし、1回の出入り写真のみではそれが難しい場合もあります。
 
なぜなら、1回関係を持っただけでは、「一時魔が差しただけ」と見なされ、不貞行為と認めてもらえない可能性が高いのです。
 
 
3回以上の出入りが分かる写真があれば良いとされています。
 
 
また、ラブホテルだけではなく、相手の自宅への出入りが分かる写真も不貞行為を示す有効的な証拠となります。
 
ただし、自宅はラブホテルとは違って性的関係を目的として入っているとは限らないと見なされる場合もあるため、自宅の出入り写真なら5回分以上のものが必要であるとされています。
 
 

自宅への出入りは親密な関係を意味するものだと思われがちですが、不貞関係のあった証拠として認められるには意外と難しい場合があるのです。
 
 
また、車中不倫等は行為の画像が無ければ不貞行為があったと認められにくくなります。
 
 

メールやSNSの文章でも、内容によっては慰謝料の請求が可能となる場合があります。
 
 
性的関係があったことの分かる文章や写真、動画、ラブホテルに出入りしている写真や動画、同じく、性的関係があったことが分かる通話記録も、慰謝料をするのに有効的な証拠です。
 
ラブホテルの領収書も慰謝料請求に役立つ可能性があります。
 
ただし、メールやSNSの会話でもただ親しそうにしているだけのものや、レストランで食事をした領収書等では、不倫関係として認められるのは難しいでしょう。
 
 
法的に不貞行為が認められ、慰謝料の請求や離婚を認めてもらうには、ラブホテルや自宅への出入りが明確に分かる写真等ですが、慰謝料の請求のみなら、メール等の文章や通話記録で可能になることがあるということです。
 
 

そして、これらの証拠が無くても、不倫をした夫、あるいは不倫相手からの「不倫関係にあった」という内容の自白を得られれば、大きな証拠となります。
 
 
この自白は、不倫した夫か不倫相手の女性のどちらかから得られれば、片方が不倫を否定しても、不倫として認められる可能性が高いものです(ただし、不倫を認めることを強要した場合は証拠として認められないことがあります)。
 
 
これを証拠として提示するためには、録音された音声として残されていることが必要になりますが、不倫を認めたタイミングで録音するのはなかなか難しいものです。
 
 
音声が残っていない場合は、不倫をしたと認めることが分かるような書面を残すことも一つの手段です。
 
 
例えば、「不倫相手との関係を断ちます」といった内容の誓約書なら、不倫があったことを認めていることが前提で交わされるものなので、そのような書面は証拠として役立つでしょう。
 
 
音声も誓約書も無く、ただ過去に口で不倫を認める言葉があったというだけの状態であっても、自白のあった日時やその時の状況が詳しく書かれたメモや日記、不倫相手の名前や住所等も、不倫の証拠材料となることがあるので、どんなささやかなものでも残しておくことをお勧めします。
 
 
不貞関係の分かる写真や、探偵や興信所等を使って得た証拠だけが不倫の証拠ではありません。
 
 
夫が不倫をしている可能性を感じたら、夫の言動によく注意し、証拠集めの準備をしておくと良いでしょう。
 
 
不倫が原因で離婚、慰謝料請求をすることに使えるのはもちろん、今後夫婦関係の再構築を目指す場合にも、夫婦間の決め事をすることに、証拠が役立つ可能性があります。