「最近夫の行動パターンが変わった」、「夫の態度がいつもと違う」といったことに気づいたら、それは浮気のサインかもしれません。

 

夫が浮気していないか、携帯電話を覗く以外の方法でチェックするなら、まずは夫の行動や態度に注目してみると良いでしょう。
 
 
今回は、浮気中の男性が取りがちな行動や態度のパターンについてご紹介しましょう。

 
浮気中の夫の行動の一つとしては、まず「やたらと約束や仕事等の用事が増える」ということがあげられます。

 

残業が何日も続いたり、仕事終わりの飲み会が頻繁になったりしていたら、それは仕事終わりに女性と会っている可能性があります。
 
 
特に、休日の前にその頻度が多い場合は要注意で、休日にまで「今日は休日出勤」等と言い家を空けることが増えれば、少し疑いの目で見た方が良いかもしれません。
 
 
休日出勤や残業がもともと多い職場なら気にする必要は無いのかもしれませんが、急にそのように忙しくなっている場合は、女性との約束を入れている可能性もあります。
 
 

浮気をすると変化が必ず起きる

 
 
以前よりお洒落な格好をするようになったり、髪型に気を遣ったり、スキンケアや体臭ケアをし始める等、明らかにこれまでより自分の外見に気を配る様子を見せるようになったら、それは恋をしている可能性があります。
 
 
または、ネクタイやハンカチ等、これまで持っていなかったもので、妻があげていないものを持ち始めたら、それは女性からプレゼントされたものかもしれません。
 

 
入手した過程を聞いてみて、どこで手に入れたのかをはぐらかさないかどうかチェックしてみると良いでしょう。
 
浮気中の男性は態度にも変化が現れることがあります。「急に優しくなる」ことも夫が浮気中か見極める目安の一つです。
 
 
これまでスキンシップが無かったのに、急によく触ってきたりキスをしてきたりするようになるのは、もしかしたら、浮気をしているサインかもしれません。
 
 
男性は浮気の罪悪感から「妻や本命の相手に優しくしておかなければ」という強迫観念に襲われ、人によってはそのような行動を取ることがあります。
 
その行動の裏には、本命の相手を繋ぎとめておきたいという気持ちや、罪悪感を和らげるためにやっている場合もあります。
 
そして、「急に態度が冷たくなる」ことも、浮気のサインになることがあります。浮気中は、妻よりも浮気相手が良い女性に見えるもので、その分妻の悪い部分が目につきます。
 
 
そのため、妻に冷たくしたり、急に怒り出したりすることが増えるのです。そういった極端な態度の変化も、浮気の有無と関係していることがあるので、気にしておきましょう。
 
 
また、浮気といえば最も行動パターンに変化が起き易いのが、携帯電話の使い方です。
 
 
「携帯電話の使い方が変わる」ことも、夫が浮気をしていないかどうか感じ取るために、重要なポイントとなります。
 
 
例えば、携帯電話の画面を裏向けに置くようになったり、画面が周囲からは見えないよう不自然に傾けて見るようになる、また、メッセージが来ると敏感に反応してすぐに見ようとしたり、あるいは妻の前ではメッセージを見ないようにしていたら、浮気中の可能性があります。
 
 
また、これまでセキュリティーロックをかけていなかったのに、急にかけるようになる等の行動も、浮気中の男性にありがちです。
 
 
もし夫の浮気を疑うなら、携帯電話の使い方や触る頻度等に注目してみてください。
 
 
このように、浮気中の男性は、浮気を隠そうとするが故に、行動や態度に変化が現れることがあります。
 
 
もし夫の浮気を疑うようなことをがあれば、携帯電話の中身を盗み見するより先に、これらの夫の行動の変化が無いかどうかチェックしてみることをお勧めします。