結婚生活が長くなると、一度くらいは妻の浮気を疑った事があるかもしれません。

 

結婚しても、他人の気持ちは他人のものですから、いくら永遠の愛を誓おうと、それが崩れてしまう時は崩れるものです。
 
ですが、出来れば生涯、浮気などされる事なく、妻を信じて生きていきたいものですよね。
 
しかし、最近ちょっと妻が浮気してるのではないか、と思う節があるようでしたら、以下の項目を参考にしてみてほしいと思います。

 

もしも当てはまる項目が多ければ多いほど、あなたの勘は当たっているかもしれません。

 

■スキンシップを拒む

 

女性は好きな人以外のスキンシップはあまり好まない傾向にあります。大丈夫という人も中にはいるかもしれませんが、浮気をしていて、浮気相手が本命になってしまった場合、夫に触られる事を嫌がるようになります。
 
 

男性の場合、浮気をしていても、そこまで妻に拒否反応を抱く事はないかもしれませんが、女性は好きな人以外からのスキンシップを基本的には嫌がります。
 
何故、男性と女性にこのような違いが生じるのかと言いますと、男性はより多くの子孫を残したいという本能が働きますが、一方で、女性は産める子供の数に限りがあります。
 
 
妊娠中は1人の男性の子供を大切に育てなくてはなりません。本能的な部分で考え方が違うのです。
 
そうなると、浮気をしている時に、浮気相手の男性からのスキンシップを受け入れているとしたら、夫からのスキンシップを拒否するようになるのです。
 
 

体調や子育てを理由にして、拒まれ続ける場合は、なんらかの理由がそこにあるからなのです。ですが、これらの理由は嘘ではない時もあります。
 
 
女性の体調は繊細ですから、それが気持ちに表れてしまう時も当然あるのです。
 
ただし、拒否され続ける場合は少々怪しいと疑ってみてもいいかもしれません。浮気ではなく、単純に夫が嫌になっている事もあるかもしれませんが、それはそれで問題です。
 

■外出する機会が急に増える

 

最近、多いのが趣味や習い事を理由に浮気をしているというパターンです。趣味や習い事と言われれば、それくらいは夫も認めてあげたい気分になるものです。
 
 
しかし、運動するのに必要以上にお洒落をしなくてもいいはずです。普通はテニスやジム、ヨガに香水なんてつけていきません。
 

 
家からジャージでも出ていけるような習い事なのに、妙にお洒落していたら疑わしいかもしれません。
 

仕事の時間が急に長くなるというのも疑いポイントになります。パートタイムがフルタイムに変わったり、残業が増えるのは怪しいかもしれません。
 
 
また、何かお金を稼ぎたい理由があって、勤務時間を増やしている可能性もあります。
 
 
その理由が浮気ではなければいいのですが、収入を増やしてまでお洒落してしょっちゅう出かけるのであれば、何かそこには別の意図が隠されているかもしれません。
 

友人と出かける回数が増えるのも疑った方がいいポイントです。ママ友などの繋がりで断れないようなコミュニティがあるかもしれません。 
 
ですが、ママ友の集まりならば、子供も同伴の場合が多いでしょう。学生時代の友達、幼馴染などと出かける時間が増えたのなら、友達ぐるみで口裏合わせをするかもしれません。
 
 

■家事が手抜きになった

 
 

結婚生活が長くなると、新婚当時に比べて家事が慣れてきますので、手際よくこなせるようになる人が多いです。
 
 
仕事が忙しくなったわけでもなく、ましてや専業主婦であれば、冷凍食品や買ってきたお惣菜ばかり並ぶという事は、家事を手抜きしています。
 
 
家事は大変ですから、たまに手を抜くくらいは大目に見るべきところですが、毎日買ってきたもので済ませるようになったとしたら、他に時間をかける相手が出来たのかもしれません。
 
 

妻の浮気を100%見抜く事は出来ないにしても、よくよくチェックしていると、行動に変化が現れます。幾つか当てはまる点があるようでしたら、妻の行動を少し気にするようにしてみましょう。